ウミネコ美容室 

コンプレックスとの付き合い方。

 
この記事を書いている人 - WRITER -
フルセ ハナ
原宿、沖縄西表、長野県から神奈川県横浜市センター北に拠点を移し、顧客「0」からの独立。いろんな土地で過ごしたノウハウで女性サロンオーナーとして経営をしています。 2015年にネイルサロンロピを高校の同級生と立ち上げ、2016年アトリエサロンUminekoオープン 一人一人の幸せをテーマに美容師として、女性として、経営者として成長させるべく活動中です!
詳しいプロフィールはこちら

コンプレックスはありますか⁇

私はたーくさんあります 笑

一番は…『聞き取りづらい声』です!

昔からよく聞き返されることが多くて、自分では普通に話しているのですがいつも「え?」と言われるし、「ちゃんと声張ってー笑」と言われてきました…。

今は笑って言えますが、美容師なりたての頃は声が小さい(聞き取りづらい)ことでスゴイ怒られていました。一人の先輩から、ミーティングで議題にされてしまったくらいです。

その先輩は声が大きく、話してることが離れていてもわかってしまうくらいの先輩でした。毎回、ダメだしされて、初めは頑張って声出さなきゃと思うのですが、もともと備わってる声質や音量なのでトレーニングするわけではないので素に戻ってしまい、また注意されての繰り返し。そこからもう、技術で抜かすしかないと思ってから、すぐに1番になれるポジション、(その当時はヘアーショウや撮影などのメイクを私がディレクションできる立場になりました)を取りに行きました。あとは練習をとにかくしているところをあえてスタッフ、先輩、マネージャーにわかるように練習をしていました。(その辺りは昔からあざといのですが 笑)

それから私の声のことでの注意も無くなり、認めてもらえるようになりました。

私は基本ふわーと見られるので、初めから仕事も「ふわーとしか、出来ないんでしょ」と思われることが多くてそれも悔しかったです。

20代前半の時は見た目がイヤでイヤで仕方なかったです。見た目と自分の性格のギャップが自分でもあり過ぎて、『可愛げがあるようで全くない』とよく言われていました…!

周りのから見れば魅力的なのに、自分の視野で考えてしまうと狭くイヤなことにになってしまう。

ですが、それってなんだかもったいなですし、自分にも辛いことですよね。

私はずっとそうやって自分を否定してしまっていたのですが、『そんなの私のせいないじゃん』とある日、気づきました。たしか、何かの本を読んでから自分を許せることが多くなってきたんです。

そこから、いろんな本や人と話して考え方、内面を磨いたり、見た目をもっと信頼してもらえるためへの服装に変えたり、話し方を変えて声質を聞き取りやすいように少し低くして声を張るようにしました。

そうして、自分へのコンプレックスを解放してきました。

今はこの私で、もっと磨けるところはないかなーとプラスに思えるのでストレスフリーになりました。

声についてはまだ突っ込まれますが、周りの雰囲気を邪魔しない良い声でしょ!と言い切っています笑

それも私の良さで魅力の一つだと言えるようになりました!

狭くそのことを考えているともう人生ツライ。と思っていることでも半径を広げてみるだけで、そこが私のチャームポイントだと、人には真似できない魅力に変化することができる。

すべては捉え方次第。

違う角度から見たら、きっとあなたが思っているコンプレックスは魅力的で真似できないあなたの一部なんです。

その考え方を知っているだけで人生ハッピーに生きていけますね(^^)

思考は誰にも縛らない。

自分の発想を最大限で楽しみたいですね。

 

 

求人のご応募、ヘアメイク、ニュースレター製作、経営相談などはこちらからどうぞ!

 

友だち追加

この記事を書いている人 - WRITER -
フルセ ハナ
原宿、沖縄西表、長野県から神奈川県横浜市センター北に拠点を移し、顧客「0」からの独立。いろんな土地で過ごしたノウハウで女性サロンオーナーとして経営をしています。 2015年にネイルサロンロピを高校の同級生と立ち上げ、2016年アトリエサロンUminekoオープン 一人一人の幸せをテーマに美容師として、女性として、経営者として成長させるべく活動中です!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© フルセ ハナ Umineko , 2018 All Rights Reserved.