ウミネコ美容室 

「好きなこと」ができる強さ。

 
この記事を書いている人 - WRITER -
フルセ ハナ
原宿、沖縄西表、長野県から神奈川県横浜市センター北に拠点を移し、顧客「0」からの独立。いろんな土地で過ごしたノウハウで女性サロンオーナーとして経営をしています。 2015年にネイルサロンロピを高校の同級生と立ち上げ、2016年アトリエサロンUminekoオープン 一人一人の幸せをテーマに美容師として、女性として、経営者として成長させるべく活動中です!
詳しいプロフィールはこちら

実は、私は3歳から18歳までお琴を習っていました。

スピッツの「楓」という曲が好きでその一文字を入れて

「歌楓枝」(かふうし)というお名前も頂きました。

私には正直、音楽の才能はなかったし、

その他にもピアノと習字も習っていましたがすぐに辞めてしまいました。

 

ピアノも習字も辞めたいと言えましたが、琴だけは「やめたい」と言えませんでした。なぜなら、父親が尺八の先生で父の夢が私と演奏会で共演するという無謀なものと知っていたからです。

ですが、私は琴が一向に上手くならず、上手くならないから楽しいとも思えませんでした。

それでも父の期待を裏切るのが怖くて習い続けました。

でもそのおかげで、中学校の時は全校生徒の前で琴を披露したり、なにかと目立つことをさせてもらえた気がします、、、笑

実際に父と二人で地元も会場で演奏会も実現できました。

そして私なりのけじめとして準師範に合格したら卒業しようと決めていました。

今となっては、続けてよかったな、と思えています。

でも当時は辛かった…笑

好きになれないことを続けること。勝手に期待に応えなきゃと思い込んでいた日々。

週一回のレッスンでは先生が高級な和菓子とお茶を出してくれました。それからいつの間にか、私は和菓子が食べられなくなっていました。なのでいつもこっそりみられないようにハンカチに包んで和菓子好きな友達にあげていました。笑

急にこの苦しい時期をふと思い出すことがあります。

好きなことをできることって当たり前ではないです。

今、その場所に自分のことを必要としてくれる居場所があるならばそれは最高にラッキーなことだと思います。

我慢できる人はどこまでも我慢できてしまう。

でも、そうではなく、自分の好きなことを広げながら喜びを共有できる人たちとの繋がりを作り上げていくことをしたい。

美容室は「喜んでもらう場所」だと思っています。

美容師にとってもお客様にとっても。

Umineko美容室にもそんな「喜び」と「好き」でつながれる美容室でありたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

求人のご応募、ヘアメイク、ニュースレター製作、経営相談などはこちらからどうぞ!

 

友だち追加

この記事を書いている人 - WRITER -
フルセ ハナ
原宿、沖縄西表、長野県から神奈川県横浜市センター北に拠点を移し、顧客「0」からの独立。いろんな土地で過ごしたノウハウで女性サロンオーナーとして経営をしています。 2015年にネイルサロンロピを高校の同級生と立ち上げ、2016年アトリエサロンUminekoオープン 一人一人の幸せをテーマに美容師として、女性として、経営者として成長させるべく活動中です!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© フルセ ハナ Umineko , 2018 All Rights Reserved.