ウミネコ美容室 

売上を上げるのに必要なのは。

 
この記事を書いている人 - WRITER -
フルセ ハナ
原宿、沖縄西表、長野県から神奈川県横浜市センター北に拠点を移し、顧客「0」からの独立。いろんな土地で過ごしたノウハウで女性サロンオーナーとして経営をしています。 2015年にネイルサロンロピを高校の同級生と立ち上げ、2016年アトリエサロンUminekoオープン 一人一人の幸せをテーマに美容師として、女性として、経営者として成長させるべく活動中です!
詳しいプロフィールはこちら

スタッフが増えて華やかさがプラスされて、嬉しい限りです。

最近はとても素晴らしい方々に出会えて嬉しいのと、(スタッフも)出会える人で仕事の質はかなり違うことも実感しています。

そして、私が一方的かつ対外的に思うばかりではなく、これは私自身の相手にとっても仕事の質を良くも悪くもしてしまうことです。

オーナーであればお客様やスタッフになりますね。

“美容師”としてはお客様の気持ちを汲み取り、察して、さらにデザインのクオリティも高めなくてはならない。そして、経営するにあたりスタッフへの成長に繋がるかどうかも考えなくてはいけない。

とても難しい部分になりますね。

ですが、私は美容師年数もあるので(笑)技術と接客は磨いて積み重ねてきた得意分野です。

では、その先のつまづくところは。

◇リピートや次回予約に繋がらない(平均リピート80%以上になった事がない)

◇お客様の言葉を聞いてスタイルを作っているけど仕上がりに違和感を持たせてしまう気がする、お客様(スタッフ)を笑顔にできてない気がしする。思うように提案できない。

◇新人スタイリストではないのに、売上が80万以上いかない、商品も売れない

よく聞く悩みかなと思います。オーナースタイリストさんは乗り越えてらっしゃると思うのでここでは悩まないかもしれませんが、デビューしてから1年以降の美容師さんや、途中入社の美容師さんは第1の壁になりますよね。あとは、やはり“ヒト”を雇用しているオーナーであれば気になるところです。

この壁に対して、キャリアのある、実績のある美容師さん、店長、オーナーはどんなアドバイスをしますか?

私はずっと、技術的なこと、接客のノウハウをお店で営業後に伝えて伝えて、さらにロープレして。

“技術的なことや言い回しをやりこみさせること”

が良いと思っていました。技術と上手く言葉の知識を身につけていくしかないと思っていたのです。その結果、脱落者を続出させてしまいました。

何がダメだったのでしょう。

【自分ではない人に結果を伸ばすことをするためには?】

本当に技術が問題でしょうか?

本当に接客が問題でしょうか?

実はもっとシンプルな事だと気が付きました。3年以上美容師が続いてる方はそれだけで必ず、努力していますし、自分で頑張り、なんらかの仕事を乗り越えています。

でも、結果が出ないのは…“応援してくれる人”がいるか、いないか、これがとても重要です。

自分で自分のエールを送り続けられる人はなかなかいない。だからこそ、応援者がいる人は強い。

私は「美容師」としての仕事は「経営」よりも得意なこと、少し他の方より出来ると自負していることです。

出来る自信があるからこそ、そこを出来ない(知らない)方には出来るだけ希望を汲み取り、出来る範囲で最大限の提案と分かりやすく説明をすること。

ここを大切にしています。

「髪を伸ばしたいけど今は10センチは短くしたい」そんな“矛盾してること”対して、学んできている側として、「否定的な言葉」を使って嫌な気持ちにや不安にさせたくないからです。

美容師をしていて思うことは、お客様からの無理難題と思える要望に対しては、知識と技術があるからこそ、相手に分かるように説明して伝えてあげながらもベストな落としどころを探せるかどうかではないかな、という点です。

この部分こそ美容師に誇りを持って仕事を頑張っている大切な後輩美容師へ伝えたいことであり、私は応援者でありたいです。

先輩、オーナーであればこそ、大切な人を近い距離感での感情や基準から離れ、大きな視野で観れるか、何が特に素晴らしい“その人らしさ”を探ることが出来るか、そして、自分自身も仕事する上で大切な“顧客”であることを忘れないでいることです。

相手のベストなタイミングで励まし、エールを贈ること、そして、気づきのきっかけを投げかけられるかが、数字を伸ばす一番のポイントなのかもしれませんね。

答えではなくヒントを。

指摘ではなくエールを。

そして自分も自分の最高の顧客として労わること。

みんなハッピーになれる気がします…!


求人のご応募、ヘアメイク、ニュースレター製作、経営相談などはこちらからどうぞ!

 

友だち追加

この記事を書いている人 - WRITER -
フルセ ハナ
原宿、沖縄西表、長野県から神奈川県横浜市センター北に拠点を移し、顧客「0」からの独立。いろんな土地で過ごしたノウハウで女性サロンオーナーとして経営をしています。 2015年にネイルサロンロピを高校の同級生と立ち上げ、2016年アトリエサロンUminekoオープン 一人一人の幸せをテーマに美容師として、女性として、経営者として成長させるべく活動中です!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© フルセ ハナ Umineko , 2019 All Rights Reserved.