ウミネコ美容室 

「あなたは人の前で話したい?話したくない?」

 
この記事を書いている人 - WRITER -
フルセ ハナ
原宿、沖縄西表、長野県から神奈川県横浜市センター北に拠点を移し、顧客「0」からの独立。いろんな土地で過ごしたノウハウで女性サロンオーナーとして経営をしています。 2015年にネイルサロンロピを高校の同級生と立ち上げ、2016年アトリエサロンUminekoオープン 一人一人の幸せをテーマに美容師として、女性として、経営者として成長させるべく活動中です!
詳しいプロフィールはこちら

 

今回は大阪と東京で事業の1年間の振り返りを美容室経営されている方、スタートアップの方へ向けてお話が出来る機会を北原さんとタカラさんから頂きました。

私は北原さんのように目立った活動や、ビジネス展開をしているわけではなく、むしろ、失敗の中で七転び八起きする足りないところだらけの美容室オーナーです。はじめ、お話を頂いたときも、

「私なんかで良いのか?…いやよくないでしょ!!」

人前でお話ししてよいのか、とても迷いました。私のことを知ってる人いないだろうし、大勢の人の前で話すコトは“自分”をさらすことでもあるので私にとってとても怖く、なにより全く得意ではありませんでした。

他の場面でも何度か登壇のチャンスを頂いたのですが、その度にふがいない自分を突きつけられて反省の時間になることを何度もやってきていました。

今回は北原さんという私にとって雲の上のような方と

「一緒に話すなんてどうしたらいいのだろう」

という気持ちと、

「これは今までの自分の仕事をまとめるためにもやってみたい」、

という2つの全く異なる気持ちがありました。

イベントでもお話ししましたが、2018年は私にとって課題が山積していて、経営をあきらめかけていたところからスタートしたからです。

今年の初めに北原さんのビジネスを聞く機会があり、作り込みが完璧すぎて私が組み立てきたフレームが間違っていることを目の当たりにする羽目になり、気持ちが打ちのめされました。

でもその時はまだ、私にも少しあったプライドでなんとかばれないように経営を再建していきたいと思っていました。

何とかして自分で立て直せないか、頑張っていましたが、やればやるほど、悪くなって行くばかりでスタッフとのコミュニケーションも私自身が上手くとれなくなっていき、もはやなんのためにサロンをつくったのかもわからなくなっていきました。

そんな苦しみから解放されたくて、なんとかしたくて北原さんに連絡をしました。

真剣にFCへの加入も考えていました。それはけして前向きな気持ちで加入ではなく、「この苦しみと責任から解放されたい」という気持ちでした。私自身が経営する責任に疲弊していました。

北原さんにはばっさり、「ハナさんはいれません!(笑顔)」といわれました。

でも、少しほっとしたのを覚えています。その時点で私の心をすべてを見抜かれていたようにも思います。

そこからは、なんとか北原さんの思考に触れられないか、自分で学べるところはないか、をしつこいくらい聞いていきました。そしてなにか出会いのチャンスがあればそこから私の出来ないことをしてくれるビジネスパートナーはいないか、恥をかなぐり捨てて連絡していきました。

それくらい必死でいろんなものや情報を私の中に蓄積と分析をかけてそして、信頼してもらえるように勉強して分からなければ聞く、調べる、この繰り返しでした。

そこから、やっと改善の兆しがみえてきました。少しずつでしたがどうしたらいいのかも、具体的になり、ビジネスで力強い方とも巡り会えました。

あきらめかけていた気持ちが徐々にこれならいける、に変わり、4月に過去最低数字をたたき出してから10月には、生産性も100万に戻すことができスタッフも二人採用し、空きがでたらと待ってくれている方もつくれる現状になりました。

私がとった行動はシンプルです。

・助けて欲しいといえたこと

・現実と向き合ったこと

・税務、労務、集客にベストな方を探したこと

私がしたことは、特別な才能もいらないし、技術もいらない。

だれにでもできることだけです。

ここまできてやっと自分がトップで仕事をすることとはどういうことなのかが少しだけ見えた気がしました。

今までは自分の希望だけに忠実に決めてきました。達成した後に待っていたのは、虚無感でした。

「やりたかったことは全てやった。でも私の幸せってなんだったのか。」

今まで上手くいってる部分をメディアでフォーカスしてもらっていた私は、失敗していることを言えなくなっていました。でも、私はけして成功者ではなく、心をひりつかせながらも、なんとか問題を解決さえたくて自分を成長させたくて、生きてきただけです。

だからこそ、今回私が話す意味が生まれると思いました。

案の定、上手くしゃべることも伝えることもできなかったかもしれない。

(とくに大阪では緊張とてんぱりすぎて申し訳ない気持ちで一杯です…涙)

でも、そういう私でもその場(チャンス)をつかむことができました。

いつも私を奮い立たせてくれるのは成功体験ではなく、自分への悔しさやふがいなさからわき起こる反骨精神です。

だからこそ、「今」があります。

もう、わたしにとって恥ずかしいことはありません。だってあんなに沢山の方の前であの程度のプレゼン力で過去の自分をお話ししたので(笑)

これでやっとスタートラインにたてました。

今回のセミナーで多くの方にもらえた言葉は

「自分と一緒だとおもいました」

そう。私は特別でもなんでもなく、未熟なひとりの人間でしかないんです。

どん底の4月に私は絶対に復活させて「私の再生物語」として話せるようにしようと思いながら何とか折れそうな心と向き合っていました。

イベントを終えた今、まだ途中ですが、今年中に「物語」を話すことができたことに感謝で一杯です。未来を笑顔の連鎖を作りながら、もっと自分の描いた絵になるようにまた行動をかけていきます。

これからもみなさんにとって等身大の一人として応援してもらえたら嬉しい限りです。

そして北原さん、チャンスをありがとうございました!!

補足;さきほども書きましたが、会場で上手く話せなかったのでせめてブログでもう一度伝えたいと思い書いてみました。

 

 

 

求人のご応募、ヘアメイク、ニュースレター製作、経営相談などはこちらからどうぞ!

 

友だち追加

この記事を書いている人 - WRITER -
フルセ ハナ
原宿、沖縄西表、長野県から神奈川県横浜市センター北に拠点を移し、顧客「0」からの独立。いろんな土地で過ごしたノウハウで女性サロンオーナーとして経営をしています。 2015年にネイルサロンロピを高校の同級生と立ち上げ、2016年アトリエサロンUminekoオープン 一人一人の幸せをテーマに美容師として、女性として、経営者として成長させるべく活動中です!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© フルセ ハナ Umineko , 2018 All Rights Reserved.