ウミネコ美容室 

相手に『伝わるように』伝える。

2018/05/04
 
この記事を書いている人 - WRITER -
フルセ ハナ
原宿、沖縄西表、長野県から神奈川県横浜市センター北に拠点を移し、顧客「0」からの独立。いろんな土地で過ごしたノウハウで女性サロンオーナーとして経営をしています。 2015年にネイルサロンロピを高校の同級生と立ち上げ、2016年アトリエサロンUminekoオープン 一人一人の幸せをテーマに美容師として、女性として、経営者として成長させるべく活動中です!
詳しいプロフィールはこちら

 

鎌倉の手紙舎に置いてあったカード。

「その通りだなー」と思いながら写真を撮って置いた一枚。

言葉で伝えられるパワーは無限大だなと思います。

だからこそ、良い言葉を日頃から発信したいし、表現できるボキャブラリーも増やしたい。

大切なのは近くでいつも支えてくれている、関わってくれている人たちですよね。だからこそ、感謝の気持ちを日頃から伝えていけるように生きていきたいなと思います。

もうすぐ母の日もあります。私の母は5月がお誕生日なので少ない時間ではありましたが、両親に会いに実家へ。

「プレゼントなにか希望ある?」と聞いたところ、

「ルーペとイチゴとトマト」という訳の分からないオーダーが来たので、とりあえず、イチゴとトマトを買って、ルーペが謎すぎたので軽くスルーしてお花を買って行きました…笑

私の人生で私の母親ほどぶっ飛んでる人と出会ったことないかもと言うくらい一番会話が成立しない方です笑

私はメロンパンはそんなに好きじゃないのですが、なぜか好きだと思っていて無駄にメロンパン買って来たり、和菓子食べれないのに水羊羹という、一番ハードルが高い差し入れして来たり、とにかく人の話を聞いていない笑

でも、仕事では保育の仕事を公務員として園長までやり遂げた尊敬する先輩です。小さい頃の思い出はいつも勉強している努力している母の姿でした。

通勤に2時間かけて東京23区の公務員として働いていたので幼い頃は母と会えない日がたくさんあり、甘えることが出来なかった。

『保母さんには絶対にならない』

と幼いながらに思っていました。寂しくてわざと傷つけるような言葉を言ってしまったり、優しさに対してイライラして会話をしなかったりとめんどくさい娘だったと思います。

ですが、自分自身が働くようになり母親の凄さがわかりました。子供3人育てながら通勤2時間を何十年も続けながらちゃんとキャリアを構築して同じ女性として尊敬すべき女性だと思います。

『なんで園長先生になりたいのか?』

と質問した時に

『時間と働き方を自分のものにしたいから』

と言っていて、その時は「ふーん」と思っていましたがすごい言葉と意志ですよね。そしてやり遂げているし。

そんな母も今は引退してのんびり犬の散歩や地域のイベントに参加したりして穏やかに父と寄り添って過ごしています。

『幸せに過ごせていますか?』

と心の中で問いかけながら3人での時間を全て褒めスタンスで会話して来ました。言葉のプレゼントをしたかったですし、感謝をきちんと伝えたいと思ったからです。

父も母もとても嬉しそうにしてくれていました。

感謝を、気持ちを、モノではなく、会う時間と共に言葉でも伝えられることに、私には大きな意味があります。

二人の子供で良かったです。

親でいてくれていつもありがとう。

私を私として、充実させます。

 

­

 

求人のご応募、ヘアメイク、ニュースレター製作、経営相談などはこちらからどうぞ!

 

友だち追加

この記事を書いている人 - WRITER -
フルセ ハナ
原宿、沖縄西表、長野県から神奈川県横浜市センター北に拠点を移し、顧客「0」からの独立。いろんな土地で過ごしたノウハウで女性サロンオーナーとして経営をしています。 2015年にネイルサロンロピを高校の同級生と立ち上げ、2016年アトリエサロンUminekoオープン 一人一人の幸せをテーマに美容師として、女性として、経営者として成長させるべく活動中です!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© フルセ ハナ Umineko , 2018 All Rights Reserved.