ウミネコ美容室 

ストーリーを作る。

 
この記事を書いている人 - WRITER -
フルセ ハナ
原宿、沖縄西表、長野県から神奈川県横浜市センター北に拠点を移し、顧客「0」からの独立。いろんな土地で過ごしたノウハウで女性サロンオーナーとして経営をしています。 2015年にネイルサロンロピを高校の同級生と立ち上げ、2016年アトリエサロンUminekoオープン 一人一人の幸せをテーマに美容師として、女性として、経営者として成長させるべく活動中です!
詳しいプロフィールはこちら

 

新しくサロンをオープンされる方が私の周りにも多く、そんな時は

とても気持ちが上がりますよね。

私もサロンをオープンさせる時はほとんど寝ないで仕事に没頭していました。

「いつも来てくれるお客様を一番に大切に出来る美容室にする!」

「スタッフを大切に出来る美容室をつくる!」

今もこの気持ちに変わりはありません。

私が今後サロンを作るのであれば一番はじめにしたいこと。

《サロンのストーリーをつくる》

ここからはじめます。

・どんなテイストのサロンなのか(コンセプト)

・常連になりうるお客様のイメージ(ペルソナ)

・どこの環境になじんでサロンがあるのか(立地)

・働いているスタッフはどんな雰囲気でどんな仕事意識のヒトがいるのか(スタッフ)

・新しいサロンを作りたかったストーリーはどんな物語なのか

・周りが協力したくなるビジネスストーリーがしっかりと描けているか

・サービスできる事業が世間に役立てるものであるかどうか

などなど。

堅い言葉で羅列させたビジネス指針は私にはちょっと苦しくなってしまうので

「想像」が膨らむようなストーリーを作り上げていくのが、周りの人にもイメージしやすく、「早く出来ないかな!」と楽しみになる一つの要素だと思っています。

 

Umineko美容室のニュースレターを作るときには、お客様が手にとって読みたくなるような記事にしています。(ここは、ほぼゆきさんにお任せしていますが…!)

自発的な行動への誘導は意図して行うのはかなり勉強していかなくてはいけないこと。

それこそ経営をはじめから学ぶ、、、こんな部分も含まれると思います。

私も試行錯誤しているとき、いろんな情報や、勉強する場にも行きました。

そこで一番の学びは自分で意思決定出来るリテラシーの大切さ。

しっかりとしたビジョンやロジカルな仕組み、自動的に回るシステムがなくては美容室も安定はしてきません。個人サロンや1店舗であっても同じだと思います。

「感覚」での仕事は“美容師”(サロンワークのみ)であれば良いですが、経営としてはNGです。

でも私のように「いきなりそこへはいきたくてもいけない!!」

 

こんな方はぜひ、ストーリー作りからはじめてみてください。

そうすると答えがそこに描いていけます。

そこの答えから仕組み化をすすめて、「足りないところを最短で補うためには」

を考えて作り上げてみて下さい。

あなただけのストーリーができあがるはずです。

それはだれにも真似できないはずですよ。

 

私はこの本がとても好きです!

迷っていたらぜひ読んで見て下さい

遠山 正道さん Smiles:

https://www.amazon.co.jp/スープで、いきます-商社マンがSoup-Stock-Tokyoを作る-遠山/dp/4103011513

 

 

求人のご応募、ヘアメイク、ニュースレター製作、経営相談などはこちらからどうぞ!

 

友だち追加

この記事を書いている人 - WRITER -
フルセ ハナ
原宿、沖縄西表、長野県から神奈川県横浜市センター北に拠点を移し、顧客「0」からの独立。いろんな土地で過ごしたノウハウで女性サロンオーナーとして経営をしています。 2015年にネイルサロンロピを高校の同級生と立ち上げ、2016年アトリエサロンUminekoオープン 一人一人の幸せをテーマに美容師として、女性として、経営者として成長させるべく活動中です!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© フルセ ハナ Umineko , 2018 All Rights Reserved.