《取材活動》はじまりのストーリー

北原さん主催の個性集まる会に参加させて頂きました!

Umineko美容室って?フルセ ハナって??

まず、初めましての方が多くいらっしゃると思いますので、少しだけ私の自己紹介をさせて頂きます。

フルセ ハナ         

現在、横浜で美容室を3店舗経営しています。アトリエ個室サロンも今年でスタッフに全て任せ、今はサロンワークはせずオンラインでリモート経営をしています。北原さんをはじめ、経営者さんへのオフラインでの企画、運営サポートをしています。

体力のある会社を作れるように、より働きやすく、美容師を続けられる環境作りや心も身体も大切に出来る雇用環境、福利厚生を作っております。今後も女性が仕事を続けられる環境作りに特化しながら30店舗を目指して日々経営活動をしています!

求人活動をされている女性美容師さん!ぜひウミネコ美容室も併せてチェックしてみて下さい!

北原さんが気になるヒトとは?

さて、本題に入ります!!

北原さんが自ら声をかける人とは?

はじめから、こんなところから気になりだしてしまいました…。

いろんな方から会いたいというオファーがある北原さん。いつも「招待」されている立場の方がどんな人なら会いたいのか。人から会いたいと言われ続けている北原さんが自ら声をかけて集まってもらう会とはどんな内容なんだろう。

私の中でこんな疑問がぽこっともたげてきてしまいました。

2020年は日本だけでなく世界中が激変のまっただ中で、「会う」ことの意味を問われてきているような気もしています。本当に会いたくなかったら会わないことを選びやすくなった今。

「ただ、人と会う」こと自体が難しくなってきているのではないか?

そんな昨今ですが、果たして北原さん主催企画のその真意とは。気になるところです!

気になるそのメンバーは?

今回、私が〈初めまして〉は本田さんでした! 2月に独立されたエピソードも気になるところです。参加者の皆さんもすごい方ばかりなのでご紹介をさせて頂きます!

Kamiken代表 鈴木和敏さん

リモート経営で年商2億。最近は脱職人からの職人へ転身!!発想の転換、今ある物を組み替えて新しくビジネス構築を進化させること。鈴木塾もオンラインに切り替えて時代を捉える力に変える鈴木さん。【著書:脱・職人経営 日本版&韓国版】https://kamishobo.shop-pro.jp/?pid=127490411

Lsurii代表 原和己さん

ドミナント戦略では無く他県での出店、コールドプレス導入、店舗M&A、労務とのビジネス提携、ヘアトリートメント商材講師まで。自分が雇われたい美容室を掲げ「月9日休みや年間休日120日以上」を実現し、他業種とのコラボで自社を発展させるコミュニケーションスキルが真似できない原さん。https://dish-up-inc.com/

トレサンパ代表 鵜飼耕平さん

メンズの「ほしい」を網羅したビジネス展開、パーソナルジム、オーダースーツ、結婚相談所、スタッフの希望への取り組み×リスクヘッジした横展開で唯一の次世代型メンズサロンを作っている鵜飼さん。https://amende.tres-sympa.jp/

岩田考司さん ※肩書きがありすぎるので割愛させて頂きます…

現役でサロンワークをしながら常に外部から仕事のオファーも受け、名刺が年々増えている。コンサル、セミナー、商品販売、ブログ、オンラインサロン主催まで最近では野菜も育てている(私はそんな美容師に出会ったことが無い)最強の個人プレイヤーの岩田さん。https://cojiiwata.com/

カラトリ代表 本田晋一さん

セミナー活動、オンラインサロンも主催しながら今年の2月にサロンオープンさせ、コロナの影響を受けず営業出来た強さ。ニッチな世界観を作りだし、技術に特化し、自分のやりたいことをやれる環境を作りあげて、勝てる戦い方をしている本田さん。https://kara-tori-osaka.com/

北原さんは皆さんご存じかと思いますが、念のため。

Dears代表 北原孝彦さん

4年で全国に100店舗のフランチャイズ出店。グループ年商40億。通販サイト運営し月売上5000万達成。今まであまりなかった無料でのオンラインサロン北原メシも5000人以上が参加している。経営者、スタッフ、お客様三方向の幸せを描いたビジネスモデル構築でありながら高い利益を生み出している。アフィリエイトからの学びで美容業界に新しい経営戦略、雇用環境を作った経営者。【著書:ズボラPDCA】https://zuborapdca.com/

長野はお蕎麦からスタート

北原さんのオススメの油屋さんのお蕎麦は本当に美味しい。私も長野市にも住んでいましたがここは盲点でした!それはさておき、皆さん食べるの早かった!です。仕事出来る人は食事が早いのでしょうか…!?

北原さん主催の長野会は3回ほど参加させて頂いていますが、こんなに北原さんが参加者へ質問している姿をみるのは初めてでとても興味深く学びが多くて貴重な一日になりました。

北原さんが全て取り仕切る!!レアなパターンですごく気になる…!!

参加させて頂いた経緯は少し浮ついた『メンバーがおもしろそう!!』という気持ちが一番でした。なんとかここは「参加許可」を得ないといけません。そこで、、、

「私も取材というカタチで参加させて頂けないでしょうか?」とお伝えしました。

内心、「私にこのメンバーの取材なんてできるのか!?」と思いつつも、思考のエッセスを少しでも取り入れたい私の気持ちが勝ちました!! 結果、強引に参加させて頂きました(笑)

どんな会なんですか?ときいたところ…

北原さんからの答えは「話したかった」至ってとてもシンプルな答えでした。そしてこんなに各分野で有名な美容師さんが集まるってやはり北原さんはすごいなと、再確認。

エネルギー値の高い人たち。お互いに質問内容もおもしろい。

私が話題を考え振るまでも無く、北原さんが次々とナビゲートして深掘りする時間になっていきました。 「事務所で話しましょうか」 そんな一言で北原さんのシェアオフィスへ。そこから「このメンバーで話すなら北原メシで配信しましょう!」となりました。実に3時間のとっても濃いライブ配信になりました…! うーん!すごい。

※この動画での北原さんの引き出し力も必聴です。いろんな角度から話し手が伝えたいことを話しやすいように聴き方を変えている。私には人へ傾聴し的確に繰り出す質問力もとても学びになりました。

6人の観点の『違い』がおもしろい

コロナの前後でビジネスとして変わったことは?

日頃から皆さん独自の強固な経営をされているのでコロナの影響は大きくは受けていないとのこと。私のサロンがある横浜は4月が一番ダメージがありましたが、今はすでに《Withコロナ》にシフトしているように思います。関西や東北はどんな感じだったのか。 まずは福島県の鈴木さんのサロンはコロナ禍の中でどう活動してきたのか聞いていきます。

鈴木さんはサロン経営自体は影響はほぼ受けずこれたそうです。 個室サロンの強みがお客様への安心材料になったとのこと。あとは鈴木塾をオンライン化させ配信をしたり電話相談をしたりと鈴木さんしかできない柔軟な方向転換とアイディアで離脱を防ぎ質の高い情報発信に切り替えたそうです。

ちなみにウミネコは(私の経営する美容室です)カーテンで隣の方と仕切りがある内装にしてあるのと、接客も4年前にスタイリストのみのマンツーマンスタイルにしてあり、経営改善をしておいて良かったと思いました!

原さんは決断を早く3週間の休業を取り入れてスタッフとお客様の不安の軽減に舵を切られたそうです。休業した時間で仕組みの見直しやスタッフとのオンラインでのコミュニケーションで円滑に出来ていたそう! 休業だけで終わらせないところがさすが原さんです! ただ、カフェはやはり厳しかったとのこと。飲食業界への負担はやはり大きいのが伺えました。

鵜飼さんは、接触が避けられないジム、結婚相談所は休会などの一時離脱へ影響があったそうですが、メンズサロンはそんなに影響うけず稼働。鵜飼さんのサロンはお客様との深い繋がりを重視したサロン構築。そこにはシステム化ではなく、人対人のぬくもりのある接客スタイルやお客様からのサロンへの信頼が成り立っていたのではないかなと思いました。日頃から繋がりを強固にする想いがあるサロンはやはり強いですね。

岩田さんはそもそも以前からの活動での通販、ECでも成功されている方なので一番強いイメージでした。コロナでも影響受けず、そこには「物」「商品」を伝え販売できるインフラが整っている強さがあります。コロナ禍で流通業界が頑張って頂けていたのは肌で感じていました。家から出られない中、ネットで商品を買えること利便性を改めて実感された方も多いと思います。

本田さんはコロナ禍の2月での立ち上げ、その中で個人で営業もありダメージ0。個人ブランディングが最大の強さになることを実証されたオーナーさんだと思います。 個人の強みが今の時代性とマッチングし独自のアート、自分ではなく技術のみを前に出すスタイルは今の若手美容師さんにとても夢のある世界だと思います。何より自分の自由度を高める経営は経営者が希望する一つのステージです。そこにはあえて雇用しない強さがありました。

独自のブランディングがある人、サロンしか残れない時代になる?

お話しを聞いていて想ったことが、【独自の分野で特化できているか】ここが分かれ道になっている気がしました。

◆自分のできないことは捨て、できることや得意なことを一貫性をもって取り組んでいる

◆相手に価値提供をしてから自分への還元を考える

◆誰もやっていない領域を自分のスタイルで今ある経営へミックスさせる

◆(同じカテゴリーで)発信をし続ける

ここはとても重要になりそうです!!

他の人よりも一歩攻めるスタイルはどう作るのか?

ここです!

やりたくてもはじめの一歩をどうやって行動すれば良いのか分からないことはないでしょうか?

しかもマネタイズさせるところまで事業整備していくにはどうやればいいのか。。攻める経営を造るにはどうすれば良いでしょうか?

◆言うだけではなく、自分がやってみるでやれてしまう力を持つには?

◆事業の横展開させるためには?どこから案件が来てつながっていくのか?

◆全く知識の無いモノやビジネスを取り入れ事業にしてしまう力はどこにヒントが?

◆多方面からオファーされるようになるにどうすればいい??

◆自分の世界観へファン化させる導線。自分のみで突き抜けるまでのポイントは?

気になるところです。。(私はとても気になりました)

皆さんのお話を聞いていて感じたことは人との関係性が鍵となり事業展開へお声がかかるのかなと。そしてタイミング。プロダクトをもっているキーマンといつどこで出会うか分からない。

だからこそ、まだまだ自分のやりたいことに届いていないときに磨きたいスキルはの聞く力。教えたくなる質問力&人間力を高めることで相手にとって必要不可欠な存在になることができれば『やりたいこと』への実現性が高まるのではないのでしょうか。 相手にとって一歩、気になる存在でいれるかどうかも大切なところ。

そこにはシンプルに信頼に値するかどうか、のジャッジメントが相手にあるだけ。自分から掴みに行く、考える思考を止めない、常に感覚を鈍らせない、礼儀とは何かを熟考する、自分への胆力を育て、試練があってもやり過ごせる心の鍛錬もしなくてはいけない。その課題へ向き合うために人は人に会いたいと想うのかもしれません。

皆さんの対談を聞いていて私の中で、【会いたい人、繋がっていたい人】の答えが見えてきたかもしれないと感じた瞬間でした。

一緒に仕事する上でお互いの関係性の作り方

関係性はとても重要です。ビジネスとはお互いに価値提供をして利益を生むことを目的としています。

さてさて、サロンの距離も30分、ポッドキャスト、オンラインサロン、それぞれにコミュニティ運営している原さん&鵜飼さんペアと岩田さん&本田さんペア、全国セミナーツアーをした鈴木さん&北原さんペアー!

三者三様、全く違うコミュニケーションの作り方をされていました。 ここも、気になります!!

どんな関係性でずっと一緒の意識で互いに負担を与えずに仕事へ取り組めるでしょうか。

鵜飼さんと原さんは週2で会っているが岩田さんと本田さんは年2回しか会わない!?

毎週仕事の打ち合わせや筋トレ(笑)で会う原さん鵜飼さん。

昨年の全国セミナーで年間スケジュールを取り決め会う日を決めて行動をともにしていた北原さんと鈴木さん。

そして近い場所に拠点がありながら会うことに比重を置かない岩田さんと本田さん。

お互い心地良くいれるのはなぜなんでしょうか?

関係性構築において何が違うのか?

※関係性にはいくつか《要》となるポイントがあるように思いました。

“ポイント1″仕事への意識が近いか

◆心地良い距離感は? →仕事ベースでの関係性の中で「やりたいこと」を共有させてパートナー的な立ち位置を作る

◆目的達成をゴールとする →お互いの存在があることで手を抜けない環境を強制的に作ってしまう、 定期的に会うことで常に事業の進みを壁打ちしあうことができる

真逆タイプ、同調タイプで違うのか?

“ポイント2”性格の傾向

◆真逆タイプ →思考が真逆。 相手への信頼があるからこそお互いに相手の領域には入らない。 そして相手の一番のファンであるということ

◆同調タイプ →同じ価値感覚。仕事を挟むことで心地良い距離感を保ち相手に踏み込みすぎない関係性を保つ

両方のタイプに共通しているのは相手への信頼が強い。

今はSNSで会話でき、会わずとも意識共有でき会わない方がむしろ仲良くいれる場合もありますよね…。私もスタッフとはオンラインのみでリモートで仕事させて頂いていますが、月一で食事会をしている時よりも会わないことでスタッフへ『いつもありがとう』など心地良い会話しかしなくなりました。余計なことを言わないで済んでいるので関係性はお互いに相手に配慮するようになり改善されとても良くなっていきました。 自分にあった信頼の作り方が出来ることが信頼を得て人脈を繋いでいくヒントかも知れません。

無理せずにいられる関係性でいるためには、お互いに「相手にとって嫌なこと」を把握し、理解できるかもとても大事なことだと思いました。

自分の居心地の良い、楽なスタンスは構築できる

自分の心地良いを優先させるなんていいのだろうか…。

以前の私は【相手の心地良いに全力で合わせられるか】が仕事をする上で一番大切スキルだと思っていました。

ですが突き詰めていった先に心が折れたことがあります。なによりも一番大切にしたいと思っていたスタッフを追い込んでしまっていました。

「仕事とは嫌なことも全て同じくやらなければいけない」

こんなことを言うオーナーになんてなりたくなかったのにも関わらず、なりたくない自分をいつの間にか作り上げてしまいました。独立を決めた時にお客様とスタッフの心に寄り添える経営者になれる自信があったのに…。そんな裏腹な自分の行動に気づいた時は、なにもかも嫌になり、何のために頑張っているのかも分からなくなりました。

お客様やスタッフのやりたい、こうしてほしい、そんな希望全てをこの非力な私一人で受け止め切れるわけがないのだと、悟りました。

そして事業として、相手に価値提供出来ること、価値提供出来ないことがあると実感しました。

そこで私は「自分にも相手にもにも負担になることはしない」と決めました。

◆会話が苦手であればお客様へ技術の話のみで信頼を得ることを考える

◆言語化し価値提供を特化させる→自分の価値提供出来ることを喜んでもらえるお客様(スタッフ)だけに伝える

◆話さなくて良い空間で居心地の良さを作るには何がポイントになるのかを考える

ブランディングの作り込みで自分の苦手もカバーできる構築をしていけば、自分に負荷をかけずに全ての仕事や人間関係も心地よく、一貫性を貫ける

本田さんが話されていたブランディングの構築は聞いていてとても勉強になりました。 やはり、自分が心穏やかにいることが何か突発的な問題が起きた時にこそ、冷静に判断することができ、その気持ちのゆとりこそが事業にとっても最大の強さに繋がるのだと思います。

メンタルの強くするには?

私は何か言われるとすぐ気にしてしまう豆腐メンタルなので、ここはとても知りたいところです!!

いつも穏やかな言葉だけで生きていけたら最高ですが、仕事となると譲ってばかりもいられないので相手の心に響くプレゼンテーション力や交渉が出来る心の強さを日々筋トレのように鍛えていきたいところ。

さて、皆さんはどうされているのでしょうか?

其の1、 経験値として捉える

→嫌なことで終わらせるのではなく、「この出来事に学びはどこなのか」「自分にとってどんな事柄に対して一番にダメージを受けたのか」を追求して自分のダメージを受けた箇所を理解する。そうすることで次への対策を打てる。

其の2、 自分がへこむことはしない

→不得意なことを強化することが難しい事もあることを理解する。そして無理をせずに「しない」と決める。 決めることができたらしないためにはどうすれば良いのか?の逆算で土台を作り固めていくのみ。

其の3、 他に無理矢理でものめり込む仕事をすることで一つにいつまでも捕らわれないようにする

→傷ついたり嫌なことがある時はどうしても頭の中で気になり続けてしまうので、違う仕事にシフトチェンジしてみる。何も考えない作業をするのが効果的!とのことですが 何も考えない仕事って案外難しい。

私なら、事務仕事を黙々とやるかもしれません。計算、書類まとめ、はたまた、技術に没頭するのもありですね。よくやるのはネイルチェンジや自分の理想とする事業をしている方に会いに行っています。 ここで人と会う重要性がもう一つでてきます。 心のエネルギーチャージしたい時こそ自分のやりたい事業を先に体現されている方へ会いにいき、一歩先のフェーズに引っ張ってもらうのも時には必要なことだと思います。

ビジネスが生まれる瞬間

「楽しい」「すき」からが第一歩になる

仕事時間=人生をどういきるのか、時間をどこ(だれ)に使うのか

結局のところ、続けれなければ結果へ繋がりにくい。 あとは続けているやり方を間違えないこと。

そしていくら成果があっても心が苦しいことは続けられません。

土台の段階で楽しい、好きが全く無い仕事やどちらかの相手が我慢するような構図では何事も途中で空中分解してしまう可能性が高い。 だからこそ、ビジネスパートナーは相性も重要ということですね!

そうすれば、人生も時間も関係性も豊かになる可能性は高い!!

学ぶことが多くてさらに美味しかった長野会。北原さん、皆さんありがとうございます!!(ごちそうさまでした☺︎)

私の30店舗の旅はつづく。

希望が持てたところで(笑)私自身の事業展開も軸をぶらさずにこつこつと積み上げていきます!

30店舗とは今の店舗の10倍。なぜ30店舗目標なのか?

そこはまた別の機会に書ければと思います。

今回は参加させて頂き本当にありがとうございました。 そして長文を読んで下さりありがとうございました!

✴︎また取材記事も定期的に書いていきたいと思います‼︎(取材してほしい方がいらしたらぜひメッセージもお待ちしています)

ABOUT ME
アバター
フルセ ハナ
原宿、沖縄西表、長野県から神奈川県横浜市センター北に拠点を移し、顧客「0」からの独立。いろんな土地で過ごしたノウハウで女性サロンオーナーとして経営をしています。 2015年にネイルサロンロピを高校の同級生と立ち上げ、2016年アトリエサロンUminekoオープン 一人一人の幸せをテーマに美容師として、女性として、経営者として成長させるべく活動中です!

美容師の仕事が好きな人あつまれ!
ー私と一緒に働きませんか?ー

入院した経験や仕事の責任感で心が折れてしまった経験があるからこそ、仲間との距離感を大切にでき、家族も大切に 出来る休み方、身体も無理せずに40代以降も働きやすいサロンワークができる環境を目指しています。

“もっとチャレンジしたい”こんな人には個別でを応援できるような仕組みがあります。美容師をあきらめる前にもう一 度Uminekoで働きませんか?

Umineko美容室の求人詳細はこちら

ご相談・お問合せ

経営相談

いざ独立したは良いけど、今後の方向性が定まらない。
集客や求人が思うようにいかない。
何年も売り上げが上がらない。
スタッフとのコミュニケーションがうまくいかない。
せっかく育てたスタッフが離職してしまう。
自分の幸せを見出しづらい。
サロンワークと事務とスタッフ管理で自分の時間が目減りしている。

様々な不安や悩みを抱えてる方がとても多いと思います。
なにをすれば良いのか、どこから手を付ければ良いのか。
どうやって解決していけば良いのか。

私も顧客「0」から独立し、当初は右も左もわからず様々な困難に直面しましたが、今では3店舗を経営をし、9年目になります。
一通りのことを経験してきたからこそ、今なら私がどうやって乗り越えてきたのか、危機的な状況をどうやって改善してきたか、身をもって体験したことをお伝えすることができます。

そのような不安や悩みを抱えている方に、少しでも私の経験がお役に立てばと思います。
経営相談を希望される方は以下のフォームからお問い合わせください。
これから独立する人もご相談にのれます。

イベントサポート

イベント/セミナーの運営サポートを行っております。

過去に女性起業家サロン、レストランイベント、鈴木塾、北原メシなど、様々なイベントの企画運営をサポートさせていただいています。

イベント、セミナーを開きたいけど、運営が初めて、協力してほしい。

今までの運営実績を元にスムーズな運営をサポートします。
会場選びから当日の流れ、フライヤーの作成までお気軽にご相談ください。

ご相談・お問合せ方法

ご相談、お問い合わせは、LINEかメールからお願いいたします。
お急ぎの場合やご相談はLINEの方がスムーズです。

LINEからのお問合せ

「友達追加」後、案内に沿って、トーク画面よりご連絡くださいませ。

メールからのお問合せ

下記のフォームからご連絡くださいませ。
3日以内に返信いたします。








無料Facebookグループ「北原メシ」のご紹介

美容院をたった4年で全国100店舗展開された北原さんという方が、北原メシという無料のFacebookグループを主催されています。

  • ビジネスコラム
  • 無料のライブセミナー
  • 勉強会やご飯会といったイベント

などなど

これからビジネスを始めたい、すでに始めていてもっと伸ばしていきたい。
という方なら、参加しているだけで勉強になります。

もちろん私も参加していて、不定期開催のご飯会や勉強会によく顔を出してます。
無料で参加いただけますので、もし良ければ下のボタンから詳細をご確認ください。

北原メシの詳細はこちら